てんかんについて

ぼくには2つの持病がある。

てんかん」と「バセドウ病」だ。

今回は「てんかん」について書いてみたいと思う。

 

ぼくが初めててんかんの発作に見舞われたのは、もう20年以上も前のこと。

中学2年の冬だ。

 

当時のぼくは学習塾に通わされており、その日は格段に寒い一日だったと記憶している。

太っているくせに寒さに弱かったぼくは、その日、厚手のネルシャツの上にダウンジャケットを着込み、完全防寒の構えだった。

 

学習塾では暖房ががんがん効いていたが、ダウンジャケットを脱ぐこともなく、何故かそのまま汗だくになりながら、ぼくは講師の授業に耳を傾けていた。

 

たぶん脱いだダウンジャケットの置き場所がなかったんだろう。面倒なので、着用したまま授業に臨んでいたんだと思う。

 

1時間経ち、2時間経ち、次第にぼうっとのぼせ上がってくる。

頭がくらくらして、最後は目の前が真っ暗になる。

そして地面がだんだん起き上がり、まるで壁のようにぼくの目の前に立ち塞がる。

どうやら倒れてしまったようだった。

 

異変に気付いた講師たちに体を抱き起こされた時、ぼくは蟹のように口から泡を吹いていたという。

 

その日から卒業までの1年半、「蟹野郎」という何の捻りもない、残酷な呼び名でぼくはクラスの有名人となった。

 

のぼせて倒れたぼくは、後から病院に連れて行かれたのだが、診察の結果、どうやら原因は単なる「のぼせ」ではなかったことを知らされる。

 

原因は「てんかん」だった。

正確には「のぼせ」が、ぼくの「てんかん」を誘発したらしいとのこと。

ぼくの、記念すべき初発作である。

 

初発作から20年以上経つ。

あれから何度か発作に見舞われた。

いつもその原因は、薬の飲み忘れだった。

 

薬が切れて、そのまま数日ほったらかしにして発作に見舞われる。学生時代は何度かそれを経験した。その都度、笑い者になってしまい、枕を涙で濡らした記憶がある。

 

初発作から数年、何度か薬が変わり、最終的に「テグレトール」という古くからある定番の薬に落ち着いた。

 

さらにそこから数年、もうハタチを過ぎてから、テグレトールの容量は朝晩1錠ずつにまで減らすことができた。

 

しかし、これが限界。これ以上は減らせないらしい。医者が言うには一生飲み続けるしかないとのこと。そのことで昔は随分と落ち込んだこともある。

 

まぁ今となっては、テグレトールはぼくにとって障害添い遂げる大切なパートナーのようなものだ。それが手元に無いと、どうにと落ち着かない。精神安定剤のような意味合いもある。

 

そう、ぼくは、てんかんだ。

一生てんかん。一生付き合っていくのだ。

半年ぶりの飲酒

前々回、断酒の素晴らしさについて偉そうにのたまった僕。

 

sawatariken.hatenablog.com

 

すまん、あれ全部やめにする。

やっぱり酒はアリだ。酒は、美味い。

 

実は今朝、約半年ぶりに酒を飲んだ。

コンビニに次男坊連れて買い物に行った時だ。

 

つい、何というか衝動的に、350mlハイボールを手に取ってしまったのだ。

そして気がつくとレジで会計を済ましていた。

 

バイトのおじいさんからビニル袋に入ったハイボール缶を受け取ったぼくは、少しの間、呆然としていた。

 

だが、買ってしまった物は仕方ない。

返品するのもキマリが悪い。

飲むしかないだろう。

 

まぁ、元々ダイエットがひと段落ついたら、また酒を飲もうとは思っていたのだ。

 

しかし、半年ぶりの酒はやたらと回る!

350mlハイボール1缶で、すっかり出来上がってしまった。

この酩酊感、やめられないな。

 

これを機に、週に1回ぐらいなら飲んでもいいかも知れない、と思った。

 

 

 

ムダ毛との決別を

ぼくが自分の毛深さを自覚したのは、小学校低学年の頃だ。

周りの子ども達と違い、ぼく一人だけ手の甲から毛が生えていることに

気が付いたのだ。

 

プール授業の時も恥ずかしくて仕方なかった。ぼくの下半身は毛むくじゃら

だったから。もはや小学生とは思えない、完成されたおっさんの生足だった。

 

確か小3の時だったと思うが、席替えでぼくの隣の席になった子から

猛抗議を受けたことがある。

なぜか?それはぼくが毛むくじゃらだったからだ。

毛むくじゃらでキモいぼくが、何で自分の隣に座ってるのかが、

彼女には理解できなかったらしい。

彼女の「お父さんより毛深いかも」の一言は、30年近く経った今でも、

未だににぼくの心に深い影を落としている。

 

その後も、中学〜高校〜大学と、体の毛深さはぼくに劣等感を植え続けた。

ひたすら「どうせ俺はキモイ」と思いながらの、実に暗い青春だった。

 

なんせ「ワキガ+デブ+毛深い=ぼく」だったのだ。

よく死なずに耐えてくれたもんだと思う。当時のぼくを褒めてやりたい。

 

いつか必ず脱毛する!と決意していた。

でも成人して仕事をするようになると、時間も金もないぼくは、

なかなか脱毛する機会が巡ってこなかった。

結局、この年になるまでムダ毛と歩み続けた半生だった。

 

時々、ブラジリアンワックスで全身を脱毛することはあったが、

あれは根本的解決にはならない。所詮は、その場凌ぎだ。

 

がっつり脱毛に取り組み出したのは、今年の4月からだった。

苦悩の末、約7万円をはたいて家庭用脱毛器・ケノンを手に入れた

ことに端を発する。

 

そこからぼくの快進撃が始まる。

これまでの不遇に対する、怒りの脱毛。

毎週末、嫁さんにも手伝ってもらいながら全身への光脱毛を進めてきた。

 

努力の甲斐あって、今ではスーパー銭湯なんかで、「みんな毛深いなぁ」

と思える程度には脱毛が進んできた。

もちろん、まだまだツルツルと呼ぶにはあまりにも未完成だが。

 

この調子で、あと2年ほど腰を据えてしっかり脱毛を進めていけば、

必ずツルツルになれるはずだ。

 

もう少しでムダ毛のコンプレックスから解放されると思うと、

生きてて本当に良かったと思える。

 

大げさかも知れないが、ぼくにとっては大きな問題なのだ。

 

 

酒をやめることのメリット

酒をやめてそろそろ半年になる。

ぼくの断酒にはそんなに深い理由はなかった。

単純に、飲めば太るからだ。ダイエット目的の断酒だった。

別にアルコール依存症だったわけじゃない。

 

だが、実際に酒をやめてみて、本当に色々なメリットを実感しており、

断酒して良かったと心から今は思う。

ダイエットをやめた後も、断酒をやめることはないだろう。

まぁ、時々は飲むこともあるかも知れないが。

 

断酒のメリット、ぼくの場合は以下を強く実感している。

  • 痩せる
  • 体が軽い
  • すぐ眠たくならない
  • いつでも車を運転できる
  • 酒代がまるまる浮く
  • 肌の調子が良い
  • 嫁さんと会話が成立する
  • 子どもに怖がられない

人によっては他にも様々なメリットを感じるかも知れない。

ぼくはこれで充分だ。充分すぎる恩恵だ。

はっきり言って世界がパーッと開けた感じがする。

 

酒を飲んでいたこれまでの自分が、馬鹿みたいに思える。

それほど、ぼくの世界は変わった。

 

数あるメリットの中でも、やはり家族の距離が縮まったことが

一番大きな恩恵だ。

 

今までかなりすれ違いを重ねた家族だったように思うが、

断酒が全てを変えてくれた。

 

今は毎週末、必ず家族でお出かけをするようになった。

そして、これまで盆と正月ぐらいしかなかった夫婦生活も、

今では週に2〜3回(!)にまで増えたのだ。すごい!

 

酒をやめると自分の可能性が一気に広がるので、今、閉塞感を

感じている酒飲みは、ぜひ一度、断酒してみてはどうだろうか。

 

 

 

ぼくのコンプレックス

心身ともに、ぼくはコンプレックスの塊だ。

以下が主だったぼくの身体的コンプレックスになるわけだが、書き連ねている

内に虚しくなってくるな。

  • 肥満
  • ワキガ
  • ミドル脂臭
  • 毛深さ
  • 顔が大きい(6頭身半程度)
  • 肌がボロボロ
  • ホクロが多い
  • てんかんバセドウ病持ち

上記のリスト中、実は既に克服済のものもある。

「肥満」と「ワキガ」がそうだ。

 

「肥満」に関しては、今年の4月から決死の食事制限+筋トレで、

体重と体脂肪率をそれぞれ10%落とすことに成功している。

まだまだスマートな体型には程遠いが、中肉中背と呼べるレベルには

なってきていると言える。

 

「ワキガ」に関しては、これもやはり今年の4月に手術をし、

既にアポクリン汗腺を除去済だ。

中学時代から散々、陰口を叩かれてきたが、もう2度と鉛筆のニオイを

漂わせることのない脇の下を思うと、若干の名残り惜しさすら感じる。

 

しかし、「肥満」と「ワキガ」を克服した今、世界が一気に

色めき始めた感覚を覚える。大げさかも知れないが、世界がようやく

ぼくを受け入れてくれた。そんな感覚なのだ。

 

「肥満」と「ワキガ」以外のコンプレックスとは、現時点でがっぷり四つ

でやり合っている最中だ。

「ミドル脂臭」には食生活の改善、及び専用シャンプーの導入で対抗し、

「ムダ毛」に関しては、家庭用光脱毛器・ケノンで週に1回の脱毛で

対抗中である。

 

とりあえず、目下一つ一つコンプレックスを潰していっている最中

なのである。

 

 

ぼくは、今日からブログを始めようと思う。

ぼくはサワタリケン、略してサワケンだ。

だいたいみんな、そう呼んでる。

36歳、既婚、子持ちの歯牙無いシステム屋をやっている。

 

ぼくは今年からダイエットを開始しており、既に10Kgほどの

減量に成功している。

 

ぼくより凄いダイエッターは沢山いるが、ぼくよりしょぼいダイエッター

はそれ以上に沢山いるだろう。

つまり、ぼくはほんのちょっと凄腕ダイエッターってことだ。

 

ただ、ここに来て少し伸び悩んでいる。「伸び悩む」ってのは少し違うかな?

体重、および体脂肪が「落ち悩んでいる」と言っておこうか。

 

体重の停滞期に差しかかっており、しんどい上に退屈なのだ。

何か気分を変えたいと思っているところ、文章でも書いて気持ちを紛らわせよう

と考えたわけだ。

 

そんなわけで、これからしばらく、このブログに日々の日記を書き連ねて

行こうと思う。

 

人に見せるための文章では無いので、見る人によっては不愉快な気分に

させてしまうかも知れないが、まぁ、ほっといてほしい。

 

ダイエットを頓挫しかけている中年メタボ野郎の独り言だ。

Twitterではなんか違うのだ。

 

基本的には飽きるまでは毎日継続していこうと思っているので、

生温かい目で見守っていて欲しい。よろしくお願いします。